【猫の食事を5W1Hで考える 食事管理と行動学】無事終了しました


 

猫の食事への考え方、変えてみませんか?

 

猫の食事を「5W1H」というアプローチで考えるセミナーは初めてでは?

と思い、勉強会を開かせていただきました。

 

猫の食事内容について伝えるセミナーは最近多くなったなと思いますが、

食事内容以外にも重要な要素があります。

 

それは「身体」「環境」です。

 

愛猫の身体状態が良くなければ、良いものを食べていても消化吸収、代謝がうまくいきませんし、

 

食事の環境が良くなければ、食事を摂る際のメンタリティや効率が低下します。

 

食事内容を気にするよりも前に、愛猫の身体や環境に注意する必要があるのです。

 

 

動物0次診療®において、食事管理の基本を3つ掲げています。

 

 

① 絶対的な食事管理はない。

 

食事管理において「これが絶対にいい!」!というものはありません。

飼い主が食事について興味をもち、いいと思ったものを取り入れていくことが必要です。

ある1つのソースからの情報のみを信じることはとても危険です。

 

 

② 食事に対する飼い主とどうぶつの「バランス」改善。

 

愛猫の食事について考えすぎるあまり、ご自身の食生活に無頓着になっていませんか?

飼い主と愛猫はともに成長すべきです。

お互いの食生活をしっかり考えることが重要です。

 

 

③ 食事に対する飼い主の「メンタリティ」

 

愛猫への食事管理に心配や不安といった感情を持たれる方もいらっしゃると思います。

そのメンタリティは愛猫の食事管理をマイナスにすることがあります。

食事について理解を深めたうえで、自信をもって楽しく食事の時間を送りましょう!

 

 

これらの考え方をもとに、食事管理のポイントをお伝えしました。

 

 

また猫の食事管理についてみんなで考える機会があればうれしいです^^