健康経営


 

動物0次診療®︎の3つの経営理念で最初に掲げているもの

 

それは「健康経営」です

 

健康は目的や目標でもなく絶対でもないのですが、

 

最低限必要な価値観だと言えます。

 

No Health No Life

 

この言葉が適切かと思います。

 

ここでいう健康経営は3つの意味にわけられます。

 

 

1つ目は「自身の健康」です。

 

まずは個々の健康が最重要です。

 

人間の健康なくしてどうぶつも健康にはなれません。

 

また、病気はなるべくしてなるもの。

 

病気は本質的なものなのです。

 

生活を見直すことで、より健康になれるのです。

 

 

2つ目は「組織の健康」です。

 

組織はいきものです。

 

TOPとして頭脳があり、
指揮官として心臓があり、
処理屋さんとして肝臓腎臓があり、
馬力屋さんの筋肉、
風紀屋さんの皮膚などなど…

 

組織は身体に例えられ、1つの生命と例えられます。

 

つまり、組織にも健康はあるのです。

 

心臓が健康でなければ、身体では循環が悪くなり、低体温や低酸素、腎機能低下などにつながります。

 

それは組織では指揮官レベルの低下に例えられます。

 

組織が効率よく、精力的に動けなくなるのです。

 

組織における個々の役割や細部にまで目を配り、アクティブな組織にすることが重要だと考えます。

 

 

3つ目は「社会の健康」です。

 

自身や組織が健康になると、最後はそこを起点として周囲の環境が健康になっていきます。

 

 

 

しかし、病気がうつるように、健康は伝わります。

 

これは間違いありません。

 

健康的な人の周りはみな健康的です。

 

これは、肉体的にも精神的にもです。

 

 

特に現代社会において、健康経営ができている企業は少ないと感じています。

 

労働環境、労働時間、職場の風紀、そして私生活の質。

 

これからは健康経営の時代がきます。

 

健康経営できないところは間違いなくまっすぐな経営はできません。

 

動物予防医療と大きく関係する事業です。

 

なおさら健康経営を重視しないわけにはいきません!

 

動物0次診療®︎ZOOTERIAは健康経営を基本として活動してまいります。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です