動物0次診療®とは ~6つの指針~


 

① 動物予防医療の普及促進

 

「0次」とは病気になっていない状態のことを意味します。

 

動物0次診療®とは、どうぶつの健康管理や予防医療

 

普及・促進させることを目的とした事業です。

 

 

② 動物業界の連携強化

 

「0」には「グローバル=全体的な」の意味も込められています。

 

「アニマルグローバルポリシー」を基本理念とし、

 

どうぶつに関する専門分野が互いに理解し合い、

 

協力してどうぶつと人間の共生を目指す姿勢をもつこと。

 

 

③ 人と動物の縁結び

 

「0」には「縁結び」の意味も込められています。

 

どうぶつが人と人を繋げる社会、人がどうぶつとどうぶつを繋げる社会をつくり、

 

多様性ある豊かなライフスタイルの実現を目指します。

 

 

④ 動物殺処分・実験動物問題の解決

 

「0」には「殺処分ゼロ」の意味も込められています。

 

どうぶつの殺処分は地道な努力により年々減少傾向にありますが、

 

まだまだ救われない生命はたくさんあります。

 

どうぶつの殺処分問題解決に向けて、動物0次診療®でも活動を行っています。

 

 

⑤ 生体販売による問題の解決

 

「0」には「プライスレス」の意味も込められています。

 

「アニマルファミリーストーリー」を基本理念とし、

 

どうぶつの「大量繁殖・大量販売」の実態を改善するとともに、

 

ストーリー性ある家族としての暮らしを実現します。

 

 

⑥ どうぶつと自然との共生

 

動物0次診療®は本当の意味で人とどうぶつが共生できる社会の実現を目的としています。

 

また、自然との共生は重要なテーマであり、

 

どうぶつとの共生や健康的な生活は豊かな自然なしにはあり得ません。

 

自然を尊重し、共生できる社会を実現します。