犬の健康や予防の前に、犬について知りましょう


 

ペットの健康や予防の前に・・・

 

ペットの健康や予防について考えてみましょう。

 

みなさんは、愛犬や愛猫と永く幸せで楽しく健康に生活したいと思いますよね?

 

そのためには、もちろんペットの健康や予防に関する知識や実践が必要です。

 

しかし、その前にすべきことがあります。

 

それは、「どうぶつについてもっと知ること」です。

 

「自分の愛犬や愛猫のことは自分が一番よく知っている!」

 

という方もいらっしゃいますが、それとは少し違います。

 

ここでは「どうぶつについて知る」ことの重要性をお伝えし、

 

それが本当の意味での健康や予防につながることを理解していただきたいと思います。

 

 

愛犬愛猫について理解する「基礎動物学」

 

動物0次診療®では、このようにペットについてしるといった知識技術などを含め

 

「基礎動物学」と呼んでいます。

 

一緒に暮らしているどうぶつとはいったい何なのか?

 

・歴史

・解剖

・生態

・代謝

・社会

・種類

 

ペットと暮らしている方々の多くは、これらの知識が不十分であることがあります。

 

それは、ペットショップや保護をする施設で満足に「基礎動物学」をお伝えできていないからです。

 

どうぶつの入り口にはしっかりとした教育が必要だと思います。

 

 

「基礎動物学」とは道具でいうと「取扱説明書」

 

みなさんは、道具や機械を購入し、使用する前に「取扱説明書」を読まれますよね?

 

取扱説明書を読むことで、多くのことがわかります。

 

 

〇 危険を回避する

 

取扱説明書をしっかり読んで道具や機械を使うと、思わぬ事故を未然に防ぐことができます。

 

特にケガなどをするリスクのある道具などはしっかり読まなければなりません。

 

注意書きの部分をしっかり読むことで、事故を予防することができます。

 

 

 

〇 パフォーマンスを向上させる

 

もう一つ、取扱説明書の重要な点として、道具のパフォーマンスを最大限引き出せるということがあげられます。

 

たとえば、スマートフォンを購入して何となく使っていたけど、

 

「実はこんな機能があったんだ!?」と使って数年して発見することってありませんか?

 

はじめから取扱説明書を読んでいたらしっかり使えていた機能だったのかもしれません。

 

とてももったいないことですよね!

 

わんちゃんやねこちゃんだって同じことです。

 

犬や猫の基本的な正しい情報を知っておかなければ、そのどうぶつたちのパフォーマンスは発揮されません

 

そのどうぶつの生態や適した食事や環境など、しっかり知っておくことは、

 

どうぶつの生活の質の向上にもつながります。

 

愛犬愛猫でしたら、問題行動といわれる問題を予防することができるでしょう。

 

さらに、ストレスを軽減させることができるので、ストレスからくる多くの疾患を予防することができます。

 

 

基礎動物学とは動物予防の根本

 

愛するどうぶつと永く幸せに楽しく健康に暮らすためには

 

最低限この「基礎動物学」を勉強する必要があります。

 

健康や予防に直結するのです。

 

赤ちゃんが生まれたら、家族は必死に子育てについて調べ、教育を受けさせます。

 

愛犬愛猫にそこまでしていますか?

 

ましてや人間とは違ういきものです。

 

当然もっと知らなければ一緒に暮らすことは難しくなります。

 

つまり、基礎動物学は動物予防の基本中の基本ということになります。

 

動物0次診療®では、飼い主さんに向けてこの「基礎動物学」を提供しています。

 

そうすることで、人とどうぶつが本当の意味で共生して生活できる社会

 

動物福祉大国が実現すると確信しているからです。