猫の体型について|6つの体型を理解して体重管理を成功させる方法


猫の体型をチェックしよう

 

猫にはさまざまな体型の種類がいます。

長い年月の間、猫はそれぞれの地域で特徴的な風土に適応しながら生活していく中で、

それぞれの環境に適した体格になっていきました。

暖かい気候に生息してきた猫は暑さに適応してスリムな体型になり、

逆に寒さの厳しい気候で生息してきた猫は熱を逃さないよう比較的大きな体型になっています。

猫の体型は大きく6つのタイプに分類されます。

自分の愛猫がどのタイプなのかを知って理想の体型を知っておくことは、健康管理をする上でとても重要です。

ここでは猫の基本体型についての説明からはじまり、

愛猫の体重管理やダイエットなどに役立つ情報を載せています。

愛猫の体型について知りたい、ダイエットさせたいという飼い主さんに役立つ情報をまとめました。

 

猫の6つの体型タイプとは?

ここでは猫の6つの体型タイプを紹介します。

自分の愛猫がどのタイプなのか確認してみましょう。

 

① オリエンタルタイプ

全体的にほっそりとしたフォルムの体型です。

頭部は逆三角形で顎はシャープです。

四肢や胴体、尾は細長い。

被毛は比較的少ないです。

顔は大きな耳を持つのが特徴的で、体の熱を逃がすには効果的です。

体型タイプの中では最もスリムな体型です。

 

代表的な種類

・オリエンタル

・シャム

・サイアミーズ

・バリニーズ

・コーニッシュレックス

 

② フォーリンタイプ

全体的に細長くスレンダーかつ筋肉質な体型です。

頭部は逆三角形です。

四肢や胴体、尾は細長いです。

オリエンタルタイプ同様、耳は大きめで熱を逃がす構造になっています。

南方の環境に適応した品種になります。

 

代表的な種類

・アビシニアン

・ロシアンブルー

・ソマリ

・ジャパニーズボブテイル

 

③ セミフォーリンタイプ

全体的に細身でありながらしっかりとした肉付きの体型です。

頭部は丸みをおびた逆三角形。

四肢や胴体、尾の長さは長すぎず短すぎず。

フォーリンよりも肉付きはありますが、セミコビーよりもほっそりしており、猫の中では平均的な体型です。

 

代表的な種類

・アメリカンカール

・オシキャット

・トンキニーズ

・デボンキャット

・スフィンクス

・マンチカン

・エジプシャンマウ

 

④ セミコビータイプ

全体的にずっしりとした体型です。

頭部は丸みを帯びており、やや小さめ。

四肢や胴体はやや長め。

尾も長めです。

被毛は短めの種類が多いです。

コビーよりやや小柄ですが四肢や胴体は少し長めです。

 

代表的な種類

・アメリカンショートヘア

・ブリティッシュショートヘア

・スコティッシュフォールド

・セルカークレックス

・ボンベイ

・シンガプーラ

 

⑤コビー

全体的には筋肉質でずっしりとした体型です。

頭部は体に対してやや小さめで丸みをおびています。

四肢や胴は太くて短め。

尾もやや短めです。

被毛は長くボリューミーであることが多いです。

耳は小さめで熱を逃がしにくいつくりになっています。

 

代表的な種類

・ペルシャ

・バーミーズ

・エキゾチック

・ヒマラヤン

・マンクス

 

⑥ ロング&サブスタンシャル

全体的に大型で筋肉質な体型です。

四肢は比較的短めで、胴体はしっかりとした肉付きが特徴的。

尾は全体的に短めです。

成体重が10kgを超える種類もあり、寒い地域で生息していた猫種が多くいます。

 

代表的な種類

・ベンガル

・メインクーン

・ラグドール

・ノルウェージャンフォレストキャット

・バーマン

・サイベリアン

 

体型タイプを知っておくと健康管理に役に立つ

上記の6つの体型タイプは、自分の愛猫の正常体型がわかり、今の栄養状態を知るための基準となります。

猫の肥満予防や体重管理には、愛猫の基本体型を理解して、目で見て太り気味なのか痩せ気味なのかを判断しなければなりません。

これは「視診的体重管理」とでもいいましょうか。

たとえば、ロシアンブルーと長年暮らしていた飼い主さんでも、

ロシアンブルー(フォーリンタイプ)の正常体型を知らなかったために、肥満状態であることに気づかなかったのです。

その結果、その猫は糖尿病にかかってしまい、インスリン治療を始めなければならなくなりました。

体型タイプを把握することは愛猫の健康管理には欠かせません。

 

猫の体型を触診で評価する方法とは?

自分の愛猫が痩せ気味か太り気味なのかは、上記の体型タイプを知ることで判断できます。

愛猫は今「どのくらい」痩せているのか?どのくらい太っているのか?

それを数字化することで、ダイエットの目標が定まります。

体型を数字として評価する方法として代表的なのがBCS(ボディーコンディションスコア)です。

BCSは一般的に獣医師が利用している評価方法ですが一般の方でもご自宅で評価することができる内容です。

ここではBCSの評価基準について説明します。

 

〜BCS評価方法〜

BCS 1/9 (痩せすぎ)

・肋骨の評価;短毛種では肋骨が見える。体脂肪は触知できない。

・椎骨の評価;腰椎および腸骨がはっきり見えており、容易に触知できる。

 

BSC 3/9 (痩せ気味)

・肋骨の評価;ごく薄い脂肪で覆われており、容易に触知できる。

・椎骨の評価;腰椎ははっきりと見えている。

・腰部の評価;最後肋骨から腰がはっきりとくびれている。

・腹部の評価;腹部の体脂肪はごくわずか。

 

BCS 5/9 (理想体型)

・肋骨の評価;肋骨はわずかに脂肪に覆われており、触知可能。

・椎骨の評価;腰椎部に余分な脂肪はない。

・腰部の評価;腰のくびれはある。

・腹部の評価;腹部はごく薄い脂肪に覆われている。

 

BSC 7/9 (太り気味)

・肋骨の評価;肋骨は中程度の脂肪で覆われており、触知は困難

・椎骨の評価;腰椎部には脂肪が触知できる。

・腰部の評価;腰のくびれはほとんどまたは全くない。

・腹部の評価;腹部は丸みを帯び、中程度の脂肪に覆われている。

 

BCS 9/9 (太りすぎ)

・肋骨の評価;肋骨は厚い脂肪に覆われており、触知できない。

・椎骨の評価;腰椎部にはかなりの脂肪が沈着している。

・腰部の評価;腰のくびれはない。

・腹部の評価;過剰な腹部脂肪があり、膨張している。

 

※BCS 2/9, 4/9, 6/9, 8/9は、それぞれの前後の評価基準の中間的な状態です。

 

<参考:アメリカ動物病院協会(AAHA)栄養評価 犬・猫に関するガイドライン>

 

BCSにおける理想体型は5/9です。

このスコアを目指して体重管理をするのが理想的です。

BCS4/9以下であると削痩傾向、BCS 6/9以上であると肥満傾向です。

理想体型であるBCS 5/9をキープすることが、愛猫の健康および生活の質の向上には大切なのです。

 

猫の体重管理を成功させる方法とは?

基本体型について理解し、BCSを利用することで、愛猫の今の栄養状態を把握することができます。

もし痩せ気味、太り気味である場合は、体重管理をする必要があります。

体重管理の基本は食事管理です。

肥満傾向でも痩せ気味でも基本的にやることは同じです。

基本は「食事内容と量」「おやつのあげすぎに注意する」ということです。

 

 主食はキャットフード(ドライフード)にする。

 

② おやつはなるべく少なく。

少なくとも一日の摂取カロリーの10%は上回らないようにする。

痩せ気味だとしてもおやつのあげすぎは禁物です。

逆に太りすぎたり、栄養性の疾患になる可能性があるからです。

 

③ 肥満傾向であればカロリーの少ない療法食を利用するのも効果的。

 

④ 毎日あげる食事の量はしっかり計ってあげる

肥満傾向であれば今までより少し少なめの量をあげる。

逆に痩せ気味であれば少し多くしてあげましょう。

 

⑤ 避妊および去勢手術した猫には食事量を減らして体重の増加を防ぐ。

 

⑥ 食事は一気に食べさせず、何回かに分けて与える1日1回ではなく、2、3回あげると効果的。

子猫の場合は4回はあげましょう。

 

猫の体型をチェックして健康管理

愛猫の体型を知ること、栄養状態を知ることは、病気の予防につながるだけではなく生活の質の向上にも役に立ちます。

理想体型を維持するには、基本的な食事管理をすることから。

愛猫と長く健康に生活するためには、健康管理を意識する必要があります。

愛猫の健康管理は飼い主から始まるのです。