動物と人間


 

● みなさんは動物と生活していますか?

みなさんは動物と生活していますか?

多くの方は「Yes」か「No」で答えます。

「ペット」と暮らしておられる方はYes

暮らしていない方はNoというように。

そしてそれはもっと広い視点をもって捉えると

おそらく返答は変わってきます。

 

★ みんな動物と暮らしている!?

その固定観念はすぐに崩れます。

なぜなら、みんな動物と暮らしているからです。

なぜとかではなく、みんな暮らしていますよね?笑

その「ペット」という動物への認識が固定化されているだけです。

「ペット」という存在は、人間が動物を勝手に品種改良し

一緒に暮らしやすいようにしたうえで

囲い込んで生活させているということが客観視したら言えることです。

その固定観念を外すと感じることが山ほどあります。

動物がいなければ、

人間社会からなくなってしまうものなんて山ほどあります。

 

❤ 「動物」と「人間」

多くの人は、人間と動物に大きな差をつけて見えない壁を作っています。

その見えない壁が社会にアンバランスをもたらし、

病気をおこし

争いをおこし

支配をうみます。

最終的に人間が生き残る方法ということを模索する人たちがいます。

他の星に移住するとかなんとか。

それは社会化へ進んだ最新の技術で解決する方法かもしれませんが、

そこにも限界はあるでしょう。

僕たち人間のなかで、

思い出すことに価値感を見出す人は

ほとんどいないように思います。

「動物的であれ!」

◯◯◯◯◯◯◯◯◯
ZOOTIST NaORa
予防獣医師 直良拓朗

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です