富を得るには


 

◯ 人は自然や動物から富を得てきた

 

ヒトは動物とともに生きることを選択しました。

 

よく「ネアンデルタール人 vs ホモ・サピエンス」という話を聞きます。

 

ホモ・サピエンス、要は僕たちのご先祖さまたちは

 

動物と暮らすことを選択したから生き残って来れたという話です。

 

今僕たちが暮らせているのも、動物さまさまなのです。

 

 

◯ 犬と猫と人と

 

犬と猫とでは、人は得るものが違いました。

 

すっごく簡単に言うと、

 

犬と暮らし、猫を追いかけたのです。

 

太古の話。。。

 

人は犬と暮らすことを選びました。

 

お陰で狩は効率的になり、

 

外敵から効率的に身を守ることができるようになりました。

 

富を作り、富を守ることに成功したのです。

 

ほんと、犬には感謝ですね。

 

それと同時に、人は猫を追いかけました。

 

猫はそうそう人には懐きません。

 

人は猫の魅力に惹かれ、猫を追いかけました。

 

追いかけた結果、人は大きな富を得たのです。

 

猫が辿り着いた先には富があり

 

猫がたくさんいるところに富があったのです。

 

豊かな自然です。

 

ネコ科は完全肉食動物。

 

生態系のバランスが整っていなければ、猫は生きていけないのです。

 

猫が集まるところは決まって生態系全体がいきいきしていたのです。

 

 

◯ いま、動物から学ぶこと。

 

人は人と関わることで多くのものを得ています。

 

情報、自己開発、バーバルコミュニケーション…

 

人間社会がもたらし、人間社会が洗練してきたものです。

 

情報、文化、技術…

 

今はそれらが溢れ、あたりまえに目を向けなくなった現代社会。

 

それは思い出すことをしなくなった社会と言えます。

 

新しいものを追い求める一方、

 

忘れてきたものがひとつ。

 

それに気づき実感すると、途端に人間は何かを思い出します。

 

富を得ようと人間社会に何かを投げかけます。

 

果たして、自然に何かを投げかけた人がいるでしょうか?

 

そうそう見ません。

 

人間社会で発生した問題を社会で解決しようとする人はたくさんいますが、

 

自然で解決しようとする人はほとんどいません。

 

僕はこれまで、人間関係の問題、お金の問題、精神的な問題。。。

 

それらの問題たちを自然で解決しました。

 

なんてすんなり解決できるんだろうと感動すらおぼえました。

 

富を得るにはまず「自然的」であること

 

ZOOTICに、動物的にいること。

 

そんな気がします^^

 

◯◯◯◯◯◯◯◯◯

動物0次診療®︎代表

ZOOTIST NaORa