品川駅で観測した健康性


品川駅の港南口への自由通路って

血管みたいだなーと感じることがあります。

品川駅の自由通路は

真ん中が港南口へ出る人が通り

両サイドが改札口へと入る人が通るように指示されているのです。

そこから見える健康性について

そしてエネルギーについて共有します!

 

● 駅は心臓、自由通路は血管

品川駅からは多くの人間が朝出勤して出ていきます。

駅という心臓が品川の街へ

多くの酸素や栄養素、つまり人間を

出しているようです。

その自由通路を動脈と例えます。

そして品川の街という毛細血管にめぐりわたり

街に栄養を補給して

疲れておうちに帰る方々が

駅に向かう自由通路である静脈を通して

改札をこえて心臓に戻るというイメージです。

 

● 自由通路は動脈と静脈

動脈は身体の中心を走り

静脈は身体の表面を走ります。

これこそ品川駅の自由通路と同じ構造です。

自由通路の中央を駅から出る人。

両サイドを駅に入る人が通ります。

 

● 自由通路を逆走する人々

おもしろいことに

その自由通路の流れに逆らう人もいます。

非常に歩きづらいだろうけれども

逆走するのです。

その人たち、なんだか疲れてるというか

いらだっているようにも見えます。

 

● 自由通路で立っておしゃべりしている人々

動脈と静脈という大きな流れの中で、

複数人で立っておしゃべりをしている場面がありました。

周りの人はそれを少し嫌な顔で見ています。

通りづらいからですね(笑)

動脈瘤や静脈瘤といったところでしょうか?

社会の流れを遮断しているという認識ですが、

生体としてみると、血管瘤みたいですね!

 

● 歩いている人の姿勢

動脈静脈と例えるからわかりやすく

姿勢がいい人って歩くスピードも速くて

バイタリティを感じます

見るからに生産性が高そうで

品川の街という毛細血管に入り込んでも

より多くの酸素や栄養を供給してくれそうだなと

感じさせてくれるのです。

 

💛 えねまねと品川駅

駅で観測できた「えねまね」ですが

やっぱり周りの人たちの流れに合わせて自然的な動きをすること。

そして個としてもバイタリティ高くいること。

これはエネルギーマネジメントにつながりますね。

よりパフォーマンスの高い人間になるために

こういうことを考えるのもおもしろいです^^

 

〇〇〇〇〇〇〇〇〇

ZOOTIST

予防獣医師

直良拓朗