記憶力の復活


● 記憶力をつかさどる海馬領域

 

海馬は記憶や空間認識能力にとって重要な脳の部位です。

海馬領域の健全を維持すれば、

高齢になっても認知症のリスクを下げたり

記憶力や認識力を維持しやすくなります。

しかし、現代の高齢者を中心に、

その海馬領域は年々収縮しています。

多くは生活習慣病が原因ですが、

最近ではPM2.5などの大気汚染物質による

影響がとても大きいとされています。

そんな中、朗報です!

あ、運動やエアロビと波動が合わない方は朗報ではないかもしれませんw

 

★ 有酸素運動で海馬領域は取り戻せる!?

 

よく運動は良い良いといわれていますが、

脳科学的にもその有用性は非常に高いです。

海馬は65歳以上の高齢者で

なんと毎年約1-2%ずつ縮小されており、

これが現代のアルツハイマーや認知症の増加に

つながっています。

それを予防、回復させることができるのが、

aerobic exercise(有酸素運動)です。

なんと、有酸素運動(中程度以上の運動)で

海馬領域が年々2%増加、回復することができるとのことです!

え…つまり…

💛 海馬領域は復活させることができる!!!

 

そうです。

有酸素運動によって縮小よりも増加のほうが優勢なので、

海馬領域は復活します!

 

脳は一度死んだら回復できないというのはもう古い考え方です。

しっかり有酸素運動をすること。

自然的に、動物的に生活することで、

多くの場合、記憶や認知能力は向上します。

若い人にもこれはもちろん当てはまります!

健康的でいたい!

未来の自分に投資したい!

そんな方はいまから運動を習慣化しましょう!

運動を小脳に叩き込みましょう^^

これから脳の投稿増やします✨

 

「動物的であれ!」

 

論文→https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3041121/

〇〇〇〇〇〇〇〇〇

ZOOTEST

獣医師・生物医 直良拓朗