ペット波動物語 ~ハムスターのできもの~


ペット波動物語 〜ハムスターのできもの〜

今回は

キンクマハムスターの1歳半の女の子。

名前は「ぷーちゃん」です!

 

鼻の横にできものができたので

獣医さんのところにいくと

「できものが多数固まった状態での皮下出血」

と言われたようです。

そこで、病院では針とピンセットを使って

固まった血液を排除されました。

応急処置ですね^^

ぷーちゃんにとっては相当怖い体験だったとは思いますが(汗

 

ハムスターは寿命が平均で2歳ほど。

腫瘍などのできものが大きくなるスピードは

人と比べてとても速いのです!

 

なので、血液を除去しただけのできものを

しっかり「治良」するには

水道水から

生体に近い水「ファミリーラブウォーター(波動水)」

そして病院からもらった抗生剤の服用を始め

なのと3日で炎症、腫れがひいたのです!

現在では、肌の色も戻り、正常に近く

元気に過ごしているとのことです。

 

クスリによる治療だけではなく、

波動や水によって生体の調和をとりもどすこと。

とても重要な考え方だと改めて感じました^^

ハムスターは人前ではあまり水を飲む姿を見せない傾向にありますが、

ファミリーラブウォーターではぐいぐい飲んで

デトックスもされているようです。

動物たちは水道水と波動水の見分けがつくみたいですね!

 

感性の高い動物たちには本当に尊敬します。

 

◯◯◯◯◯◯◯◯◯

動物0次診療® 代表

地球と水と命 理事

予防獣医師 直良拓朗