否定語より肯定語を!


否定語より肯定語を!

意識という分野で重要とされること、

それは「否定語を使わない」ということです。

否定語を使わないと言っている時点で

否定語を使っていますね(笑)

だから「肯定語を積極的に使う」ということです!

今回はなぜ否定語より肯定語を使う方がいいのかをお伝えします。

 

● 否定語はネガティブととらえられることが多い。

人間社会の世界では「ポジティブとネガティブ」という

二項対立が存在します。

一方の自然科学の世界は「Oneness」といった

事実や確率論で説明されます。

人間の今までの価値観や経験則で

物事を評価し

ポジティブとネガティブに意識的または無意識的に分けているのです。

その経験の中で、否定語はネガティブとしてとらえられがちです。

「いいね!」と「悪くないね!」

多くの方が前者を気持ちいいと感じるでしょう^^

 

★ 否定語を脳は理解できない

「犬をイメージしないでください。」と言われて

犬をイメージしなかった人はいますか?

ほぼ例外なく脳内に犬が出てきますよね。

私たちの脳は

「否定語を理解できない」のです。

 

たとえポジティブに物事を伝えようとした時でも

「殴られた時のことを想像しないでください」

「貧乏である自分をイメージしないでください」

と言われても、それは

殴られるイメージや

貧乏であるイメージを

脳は通過します。

それを否定しても

脳には残存として残り

潜在意識に着実に植え付けられていくのです。

これは、ポジティブシンキングの限界を感じます。

「ネガティブではなくポジティブ」という

価値観の転換をもってしても

ネガティブを脳に植え付けることになるのです。

ポジティブフィーリングといった

価値感で物事を感じることが大事となります。

ポジティブフィーリングや価値感については

また別の記事で紹介します。

💛 潜在意識に自己肯定感を

「愛・調和・感謝」はAlmighty Mindを構成する

3つの要素です。

その調和で重要なのが「意識」です。

意識は「潜在意識」と「顕在意識」に分けられるといいます。

人間の意識の大半は「潜在意識」であり

潜在意識をもとにして行動が決まるとされています。

しかし、多くの方が潜在意識に盲目的であり

そして、多くの方の潜在意識は自己否定感でできています。

「海賊王に俺はなる!!!」といってやる気に満ち溢れていても

「俺にはどうせできない」という大きな潜在意識に足を引っ張られるのです。

それは顕在意識ではないので、認識できていないことが多いです。

だからルフィくんは潜在意識も自己肯定感でいっぱいだと思います(笑)

つまり、否定語を多用すると

潜在意識も否定的な方に向かって舵を切っていきます。

肯定感や肯定語の積立貯金をしていきましょう^^

 

〇〇〇〇〇〇〇〇〇

ZOOTIST

健康予防獣医師 直良拓朗