健康ブームの落とし穴


 

● 健康ブームの到来

平成の「健康ブーム」の到来により

多くの方々が健康に興味を持ち始めました。

・サプリメントの増加

・ヨガや整体の増加

・健康番組の増加

一見、とても素晴らしいことと思えますが

実は、健康になりたくてもなれない

仕組みになっているのです。

なぜこんなに健康健康と意識し始めているのに

医療費は年々1兆円ずつ上がっているのでしょうか?

 

 

★ 「ブーム」という落とし穴!?

私は「健康ブーム」という言葉からして

これじゃ健康にはなれないなと思いました。

ブームとは「にわか景気」のことであり

「流される感情」によって生まれるからです。

健康ブームによりたくさんのサプリメントが登場しました。

しかし、今では100種類のサプリを家に用意している人や

サプリの渡り歩きをしている人もいます。

これって本当に健康なのでしょうか?

「健康オタク」になっていないでしょうか?

健康番組も、利権や視聴率が絡んでおり

大きなバイアス(偏り)がかかります。

ある時はこれ!

またある時はこれ!

じゃあ何すればいいの?

選択ストレスがかかるだけです。

多くの方は

健康産業の手のひらでコロコロ転がされていることに

気づくことができていないように思います。

 

 

❤︎ 「健康ズーム」へ!!!

これからは健康ブームに流されるのではなく

健康としっかり向き合って

本質を観る「健康ズーム」が大事です!

私は「ZOOTIC PROGRAM」によって

多くの方の生体をサポートしています。

ZOOTICとは「生物・動物的」ということ。

私は「健康」を目指しません。

「いきものらしさ」を目指します。

人がいきものらしく生きる。

健康と病気のどちらをも味方につける。

それらはどちらも自然現象であり

僕たちのためにあるからです。

「ZOOTIST(動物らしく生きる人)」が増えることで

日本の医療費が下がることは間違いないと確信しています。

そして健康と病気にとらわれない新しい

より自然的な人が増えていくことが

楽しみで仕方ありません^^

「動物的であれ!」

◯◯◯◯◯◯◯◯◯

ZOOTIST

BioDoctor

獣医師 直良拓朗