遺伝子は生活で変えられる


遺伝子は生活で変えられる

● 遺伝子は変えられないという考え方

私は遺伝子工学の分野で研究をしていたことがあります。

そしてそこでの常識は

「遺伝子は生まれてから偶発的な変異または

操作でしか変えることは難しい」

というものでした。

現代の遺伝子工学はとても進んでおり

・遺伝子工学

・宇宙工学

・量子力学

はとても華やかな自然科学の学術分野となっております。

その遺伝子に関して

私たちはまた気づくべき事実があるのです。

「遺伝子は生活や感情や意識で変えられる」

ということです。

 

★ 環境が遺伝子を変化させる

このことは

『The Biology of Belief & Spontaneous Evolution』

Bruce Lipton

という細胞の研究者によって書かれた

学術図書で知りました。

環境がダイレクトに細胞の遺伝子を変化させるというのです。

固定観念に柔軟であれという価値感のもと

読み進めていきまして、

さらにその根拠などが明確となりました。

詳しく知りたい方は

またお会いした時にお話しします^^

感情や意識(意識と無意識両者)が

遺伝子の構造を変化させる可能性があるということです。

これには驚きました。

既存の教えられてきた概念と

全く違うわけですから。

 

 

 

 

 

 

 

❤︎ そうやって自分自身や子孫へ・・・

生活習慣や感情、意識の重要性が

いっそう増したのではないでしょうか?

この考え方、というか事実は

量子力学的にももちろん説明できます。

量子力学は「思考はその人を変え、現実化する」

ということを科学的に唱えているのですから。

しかし、最終的には学術ではなく

みんなひとりひとりの生活が

それを実証することとなるでしょう。

そしてそれが子孫へと受け継がれていくのです。

私も唱えている

「愛・感謝・調和」

それに付随する「意志と意識」

これらはAlmighty Mindとして

多くの方にお伝えしていますが

遺伝子にも影響を与えるものだったのです。

可能性ってすごいですよね^^

広がるばかり。

だから勉強と研究と実践は

やめられないのです^^

 

◯◯◯◯◯◯◯◯◯

ZOOTIST

自然予防獣医師 直良拓朗